看護師求人・転職サイトランキングTOP > 新人看護師さんだけではない5月病!なりやすい人の特徴と予防とは?

新人看護師さんだけではない5月病!なりやすい人の特徴と予防とは?

新人看護師さんだけではない5月病!なりやすい人の特徴と予防とは?


5月病という言葉は、ほとんどの方が耳にしたことがあると思います。進学や就職をしたいわば“新人さん”の病気だと思っていませんか?

経験年数がある看護師さんにも、起こり得る可能性がある病気なのです。ひょっとしたら自分で気づいていないだけで、すでに小さな症状があるかもしれません。

5月病にならないためには、毎日の生活の中で予防をしていくことが必要です。今から自分のこととして5月病対策をしていきましょう。

【5月病とは】

そもそも5月病とはどのようなものでしょうか。
新しい環境になり、緊張の中での生活が続き、それらがひと段落した時に様々な症状が現れます。その時期がゴールデンウィーク明けの5月頃から出始めるため、5月病と言われるようになりました。

しかし、職業や職場によってはひと段落するのが6月の場合もありますし、秋くらいの場合もあります。ですからこの5月病に見られる症状は時期に関係なく出てきます。

そして、新しい環境というのは就職や進学だけではなく、転職や異動なども新しい環境になりますので、新人さん特有の病気や症状と思われがちですが、経験年数のある社会人でもなる可能性があるのです。

看護師さんは同じ病院に何年もいるから安心ではなく、異動によって5月病を発症してしまう可能性もあります。さらに看護師さんは転職をする人も多いですから、経験年数に関係なくいつでも誰にでも起こりやすいですね。

どのような人であれ、新しい環境に慣れるまでは精神的にも体力的にも、負担やストレスがかかっていることを頭の片隅に入れておく必要があります。

自分はストレスに強いから、ストレスを感じたことがないという方でも、気づいていないだけで心と体は疲れている可能性がありますよ。

【5月病の症状】

次に5月病の症状についてです。
主な症状としては次のようなことが挙げられます。

・やる気が出ない

・朝起きられない

・仕事に行きたくない気持ちになる

・集中力がない

・イライラする

・食欲がなくなる

・周りに興味を持てなくなる

・頭痛、めまい、動悸がある

・つねに体がだるい

・思考がネガティブになる

いかがでしょうか。社会人であれば一度はこの中のいくつかの症状を、経験しているのではないでしょうか。5月病の症状は仕事をしていたら良くある症状なのです。そしてうつの症状を良く似ています。

それだけに、誰かに話をしても「あるある!気にすることないよ」「慣れたら大丈夫だよ」という言葉で済ませてしまわれがちです。

これらの症状を上手くやる過ごすことができる方は良いのですが、この症状をそのままにしてしまうと悪化させることになり、仕事を続けることも大変な状況になってしまいます。

【5月病になりやすい人の特徴】

5月病になりやすい人には共通の特徴があります。
複数当てはまる人は要注意かもしれませんよ。

・完璧主義

・生真面目

・几帳面

・自分の感情を出すのが苦手

・我慢強い

・おとなしい人

・良く気が付く人

辛いな、大変だなと感じていても、手を抜くこともできず、辛いということを口に出せない人がなりやすいと言えますね。

また、完璧主義で真面目な人は目標を高く持っていますし、そこに到達するまでに努力を惜しみません。ですから少しくらい負担を感じたとしても、やり遂げるまで突き進んでしまい、気づいた時には症状がひどくなっているということになります。

看護師さんの仕事は大変というイメージがありますので、少しくらいのことは我慢しなくてはいけない、これくらいで音を上げていられないという考えになってしまうかもしれませんが、キツイものはキツイと言えることが大切ですね。

【5月病にならない生活習慣】

5月病にならないように、毎日の習慣を少し見直してみましょう。5月病になってからではなかなか改善することも難しくなります。

◎質の良い睡眠を取る

疲れを溜めることは良くありませんので、十分な睡眠が必要になります。ですが、看護師さんの仕事はシフト制で不規則ですからなかなか睡眠時間を確保することが大変になります。

ですから時間よりも質を上げることに気を配りましょう。短い時間でも熟睡できるような工夫をする必要があります。

寝る直前までテレビを見たりスマホを見たりしない、アロマやヒーリング音楽を活用する、夜勤明けはなるべく太陽を浴びない、照明を変えるなど、できることから試してみてください。

◎セロトニンを増やす食品を食べる

セロトニンが不足することで、うつ症状を引き起こす可能性が高くなると言われています。
ですから食生活を見直すことで、生活習慣が不規則でもセロトニンを補充することができます。

セロトニンを増やすために良いとされている食品は、乳製品や大豆製品がその代表になります。毎日お味噌汁を飲むだけでも良いですね。

◎気分転換をする

毎日仕事と家の往復では、ストレスを解消することができません。仕事から意識を切り離す時間が必要になります。

休みの日は仕事のことを考えずにドライブに行ったり、ショッピングをしたり、たまには日帰りの小旅行をしてみるのも良いですね。

◎適度な運動

体を動かすことはストレス解消になります。看護師さんの仕事は不規則ですから、ひとりでできる運動を取り入れてみましょう。

ジムに行くのも良いですし、ランニングも良いですね。特にランニングは走っている時間は無になれるという人が多いですから、仕事を忘れるには良いですよ。

あまり過度な運動は体に負担をかけてしまいますし、疲れてしまうこともありますので、逆効果です。体を動かすのが苦手という人は、ヨガでゆったりと体を動かすのもお勧めです。

【5月病にならない心の持ち方】

5月病にならないためには、生活習慣だけではなく心の持ち方もとても大切です。

◎感情の吐き出し場所を確保する

感情を溜めこんでしまうことは、自分を追い込んでしまうことにもなります。何でも話せる友達に定期的に会って話をするだけでも女性はストレスを解消することができます。

ですが、その時間が取れない、何でも話せる友達がいないという場合は、感情を何らかの形で外に出すような工夫をしましょう。

映画やDVDを見て泣く、ノートに辛いことや悲しくなったことを書くなどでも良いですね。辛いと感じている感情をそのままにしなことがとても大切なのです。

◎できなくても良しとする

新しい環境ではできないことがあって当たり前です。ですからできない自分を責めることなく、できなくても良いと思うことができると、心がとても楽になります。

今までスムーズにできたことも、新しい環境では思うように行かないことも出てきます。その時もこんなはずじゃないと思わずに、できない自分をそのまま認めてくださいね。

全て完璧にできる人はいないと気づくだけでも良いのです。周りを見てください。全部できる人はいませんよ。

◎自分を知る

今自分ができることとできないことを冷静に見極めましょう。それができると、必要以上に焦ることもなくなります。

もっと成長しなくてはという思いは、看護師さんの仕事であれば思うものです。患者さんや先輩たちに迷惑をかけないようにと思いますよね。

ですが、まだまだ初めてのことばかりなのです。これから先どのくらいかけて慣れていくか、できるようになるのかの計画を立てるためにも、今の自分を知ることから始めると良いですよ。

【誰にでも起こり得る5月病】

5月病は誰にでも起こります。他人事ではないのです。
ですが、ほんの少しの工夫と努力で予防できるとしたら、その工夫と努力をしない手はありませんよね。

看護師さんの仕事は命に関わる仕事ですから、仕事を早く覚えたい、早く一人前になりたい、迷惑をかけないようにしたいという思いが、他の業種よりも強いと思います。
焦ることなく、心にゆとりを持って、程よい距離感で仕事をしていくようにしましょう。