看護師求人・転職サイトランキングTOP > 需要はある?3年目以内の看護師が転職をすることは可能か?

需要はある?3年目以内の看護師が転職をすることは可能か?

需要はある?3年目以内の看護師が転職をすることは可能か?


看護師さんの教育は3年で一人前という目安があります。ですから、病院側も看護師さん側も、3年目までは辞めないというような、暗黙のルールを感じている人も多くいます。

そう思って入職をしても、働いてみると想像以上に仕事が辛いと感じたり、配属された部署が合わないと感じたり、夜勤が合わないと感じたり、イメージと違うこともあると思います。

そのような時は、3年経っていなくても“転職”の2文字が浮かぶのではないでしょうか。
まだ一人前と言えないと感じながらの転職は、受け入れてもらえるのだろうか、病院から引き留められたらどうしようか、などと考え我慢をしてしまう看護師さんもいます。

ここでは、3年目以内の看護師さんが転職をする時の、メリットやデメリット、転職時の注意点等について書いてありますので、転職を考える時の参考にしてくださいね。

【3年目以内の看護師さんの悩みとは?】

3年目までの看護師さんは、“若い看護師さん”というイメージで先輩看護師さんからも医師からも、患者さんからも見られています。

ひとりでできることも増えてきますが、まだ先輩看護師さんに相談をしながら進めることもありますし、経験しきれていないものも多くあります。
その中で、3年目以内の看護師さんが抱きやすい悩みは次のようなものがあります。

◎自分は看護師に向いているのか

1年目は目の前のことに必死でしたが、2年目3年目になると少しずつ、周りのことも自分のことも考える余裕が出てきます。
理想の看護師さんに近づいていない部分があると、成長していないのではないか、実は看護師に向いていないのではないか、だから成長できないのかもしれないというような気持ちになってきます。

◎この病棟(診療科)が本当に自分に向いているのか

入職時に配属先の希望を聞いてもらえたとしても、必ず希望が通るとは限りません。
希望通りの配属先でも、希望通りではないにしても、働いてみないと自分に合っているのかはわかりませんよね。
忙しさや必要なケア、仕事内容など、イメージと違うことが多くあると、自分に合わないと感じてきます。

◎夜勤に対する不安

病棟での看護師さんは夜勤がつきものです。夜勤中は看護師さんの人数も少ないですし、2交代制では仮眠が確保できないこともあります。
3交代制では、いつ起きていつ寝るのか、サイクルが不規則で体調不良を感じる看護師さんも多くいます。
夜勤に行くのが辛い、体がついていかない、夜勤に行こうとすると体調が悪くなるなど、夜勤に対する不安を感じるのも3年目以内に1度はあります。

◎仕事に楽しさややりがいを感じられない

1年目はわからないことばかりで必死になり、2年目では後輩ができたことで焦りを感じ、3年目は責任を負うことも増えてきます。

今すべきことだけに意識が行き、仕事の楽しさややりがいを見つけられないと感じる看護師さんもいます。
キツイ仕事ですから、やりがいを見つけられないと辞めたいという気持ちになっていきます。

◎人間関係が辛い

特に先輩看護師さんとの関係性に悩むことが多くなります。
夜勤で合わない看護師さんと一緒になる、いつも自分ばかり叱る先輩がいる、常に誰かの悪口を言っている先輩がいるなど、自分だけでは対処しきれない悩みを抱えている看護師さんもいます。

最初は気にしないようにしていても、仕事に行くのが嫌になり、同じシフトになると憂鬱になるというように、仕事に支障がでる場合もあります。
仕事が大変でも、人間関係が良ければがんばれるという看護師さんも多いですから、本当に人間関係の悩みは深いものになります。

【3年目以内で転職をするメリット】

悩んだ末に転職を選ぶとしても、やはり心のどこかで3年目以内の転職は不利なのではないかと感じてしまうかもしれませんね。
ですが、若いうちに転職をするメリットもありますよ。

◎新しい職場に馴染みやすい

3年目以内ですとまだひとつのやり方に染まっていないですから、新しい職場に行ってもやり方や考え方を受け入れやすく、馴染みやすいと言えます。
情報や知識の吸収量も若い方がありますので、有利と言えます。

◎教育する手間が省ける

採用する側としては、3年経っていないとしても、完全な新人ではありませんので、教育に欠ける時間と費用を削減することができます。
社会人としての最低限のマナーなども習得していると考えられ、即戦力として考えてもらえやすくなります。

◎経験値が上がる

看護師さんは他の職業に比べて転職の回数が多いのが特徴です。転職することでスキルアップにもなりますので、早い時期に転職をすることで新しい知識やスキルを身につけられます。
幅広く経験を積むという面でも、若い年齢での転職は有効になります。

【3年目以内で転職をするデメリット】

転職はメリットだけではなく、必ずデメリットもありますので、こちらも見ていきましょう。

◎基本的なスキルが身につかない可能性

3年間での教育体制を取っている病院もあり、それが終わらない時期に転職をすることで、基本的な知識やスキルが十分ではない状態ということもあり得ます。
転職先で教育をしてもらえると良いのですが、あまり教育に力を入れていない病院の場合は、自分で努力をしていかなくてはいけませんので、大変に感じるかもしれません。

◎辞めてしまうのではないかという不安を持たれる

採用する側としては、入職しても1~2年で辞めてしまうのではないかと、感じられてしまう可能性があります。
できれば長く働いてくれる看護師さんを採用したいという思いが病院にはありますので、その点で不利になるかもしれません。

◎経験者として扱われる辛さがある

新人ではなく、経験者として考えられてしまう可能性もあり、十分なフォローがない状態で働かなくてはいけないことも考えられます。
転職した方が辛かったということにならないように、転職先は注意深く決める必要があります。

【円満退職のポイント】

辞めると決めても、今の職場からの引き留めにあい、辞められないという状況になっている看護師さんもたくさんいます。

数年とはいえ、お世話になった病院ですから、できれば円満に辞めたいと思いますよね。
円満な退職をするためには、最低限気を付けた方が良いポイントが2つあります。

◎退職時期を考える

直属の上司に退職の意思を伝えますが、いつで退職をするのかという時期の設定はとても大切です。一番良いのは入れ替わりがある年度末が良いですが、それまで待てない場合は、連休がある月は避けるようにした方が良いですね。

また、就業規則に退職希望日のどのくらい前に申請をするかという規定がある場合がありますので、必ず確認をしておくようにしましょう。

◎退職理由

退職理由もとても大切です。
今の職場を辞めなくても良い理由ですと、妥協案や改善案を提示されることもありますので、場合によっては正直な理由ではなく、少し脚色をすることも必要かもしれませんね。

【転職の理由はしっかりと準備する】

3年以内での転職は可能ですが、円満に進めるためには根回しも必要になります。
退職時の理由もそうですが、転職先への転職理由も同じくらい大切です。

こちらに何か問題があるような印象を与えてもいけませんし、すぐに辞めてしまうのではないかという不安を与えることも避けなくてはいけません。
転職のデメリット対策をしっかりとしながら行動に移しましょう。

自分にとっての転職メリットを十分に満たすことができるように、慎重に転職を進めてくださいね。