看護師求人・転職サイトランキングTOP > ブランクがある看護師さんが復職を成功させる病院選びと準備とは?

ブランクがある看護師さんが復職を成功させる病院選びと準備とは?

ブランクがある看護師さんが復職を成功させる病院選びと準備とは?


育児や介護、ご自身の体調不良などにより、離職をした看護師さんが復職を考える時、何から考えてどう準備をしたら良いのか迷うこともあると思います。

「体力的に大丈夫かな?」「仕事についていけるかな?」「家庭と仕事の両立は大丈夫かな?」というような不安を持つ方も多いですね。

ここでは、ブランクがある看護師さんが復職をする時のコツをご紹介しています。
復職を迷っている、不安を感じている潜在看護師さん必見ですよ。

【ブランクがある看護師さんは復職が不利?】

看護師さんが復職を考えるのは、子育てがひと段落したと感じる時期で、ブランク期間は8年から10年くらいになります。

年齢は30代後半になっている人がほとんどです。一般企業ですとこの年齢から復職を考えても厳しい現状があります。

看護師さんはそのようなことは全くなく復職が可能です。看護師さんは慢性的に人手が不足していますので、病院としては大歓迎です。

子育てがひと段落したと言っても、終わったわけではありませんから、子育てと仕事の両立を考えて職場を選ばなくてはいけないですし、子育て以外で離職をしている人は、体調や気持ちに負担がかからない職場を探さなくては行けません。

医療の現場から離れることで、情報も入りにくくなっていますので、どこから自分の欲しい情報を得るかを考えなくてはいけませんし、この情報収集が復職のカギになっていきます。

看護師さんの復職は不利ではありませんが、より有利に進めるためには情報収集などの準備がとても重要ということです。

【復職する時にするべき準備】

では、具体的にどのような準備をしておくと良いのかご紹介しますね。いっぺんに考えて行動しようとしないで、ひとつひとつゆっくりと準備を進めると良いですよ。

◎働き方を決める

子育て中であればご家族と働くことについて、細かく相談をしておく必要があります。日勤だけにするのか、夜勤もするのか、学校が終わってからどこで預かってもらうか、家事の分担はどうするかなどを決めておくことで、安心して働くことができます。

ご自身の体調不良が原因でブランクがある場合は、医師と相談をすることが必要になる場合もあります。現状でどのくらいの仕事ができるのかを明確にしておくと良いですね。

◎復職先の絞り込み

働き方を決めたら、どこで働くかを絞ります。
病院にするのか、施設にするのか、どのくらいの規模が良いのか、どの診療科で働くのか決めます。
ある程度絞っておかないと、求人が多すぎてどこを選んだら良いのかわからなくなります。

◎看護の復習をする

基本的な看護技術の復習をしましょう。ブランクがあればある程これは必要になります。
医療はどんどん進化していますし変化しています。検査データーも治療も看護も、働いていた当時の常識が通用しないこともあります。
ブランクがある看護師さんの復職支援は、看護協会でも行っていますし、自治体で行っていることもありますので、お住まいの地域の情報を確認してみましょう。

【復職に向いている病院とは】

復職に向けて一番迷い不安になるのは、働ける職場があるのかどうかというところではないでしょうか。
ブランクが長ければ長いほどこの不安が強くなりますね。
入職をしてから失敗したということにならないように、復職に向いている病院の探し方を知っておきましょう。

◎復職支援をしている病院

病院で独自の復職支援を行っているところは、事前に研修を受けることができますし、入職後も慣れるまでのフォローがあるところが多いですね。
支援体制があるところは、教育体制も整っているところが多いですから、ブランクがあっても安心して長く働くことができます。

◎経験のある診療科

離職する前に経験したことのある診療科ですと、勉強をする内容も少なくて済みますし、仕事を覚えるのもスムーズですね。
経験のある診療科でも、最先端医療を提供している病院は大変になってきますので、注意が必要です。

◎子育てに協力的

子育てしながらの復職の場合は、子育てに協力的かどうかは必ずチェックしましょう。
ママさんナースが多いことが良いと言われることもありますが、その場合は学校行事が重なる可能性もあり、休みの希望が通らないことも考えられます。
子育て中の看護師さんが多いかではなく、病院としてどのようなサポートがあるかにも注目をしてみてくださいね。

【復職はひとりでしない】

復職に向けて準備することは細かなことも含めるといろいろとありますね。
自分が望む条件で働ける病院がどのくらいあるのかを調べる必要もありますし、最新の看護情報も知っておく必要があります。

情報は多いと選択肢が広がりますので、有利に復職を進めることができます。ですがひとりで情報収集をしようとすると、かなり大変な作業になります。

元同僚、看護学校の同期など現役で働いている看護師さんからの情報も必要になります。
病院の詳しい状況は、ハローワークや看護協会のような公的期間の求人サポートを使うのも良いですし、求人サイトを使うのも良いですね。

ひとりでは大変なことも、他の人の手を借りることでスムーズにできることがたくさんあります。
全部ひとりでしようとせずに、周りの人を上手に巻き込んで復職を進めてくださいね。