看護師求人・転職サイトランキングTOP > クリニカルパスを理解して、仕事の効率化と看護の質を上げる!

クリニカルパスを理解して、仕事の効率化と看護の質を上げる!

クリニカルパスを理解して、仕事の効率化と看護の質を上げる!


クリニカルパスという言葉を聞いたことのある看護師さんは多いと思います。
今働いている病院で導入しているという人も、いらっしゃるかもしれませんね。

病床数の多い急性期病院では、このクリニカルパスを導入しているところが多く、医療を提供する側にも、患者さん側にも多くのメリットをもたらしています。

ですが、クリニカルパスは良い面だけではなく、デメリットもあります。その両方を理解してさらに良い看護につなげられるようにしていく必要があります。

改めてクリニカルパスのメリットとデメリットを理解し、必要性やどう活用するかなどを考えていきましょう。

【クリニカルパスとは】

クリニカルパスは、もともとアメリカの工業界で1950年頃に導入されたものです。その後1980年代にアメリカの医療界で使われるようになり、日本に入ってきたのは1990年代になっています。

現在では急性期の病院を中心に、導入している病院が多く、病床数の少ない病院での導入も進んできています。

クリニカルパスは、患者さんが入院してから退院するまでの間に、どのような検査や手術があり、検査後や手術後はどのような経過を辿るのかが記載されています。

看護に関しては、体位変換の時間や注意点、ドレーンなどの管理の注意点なども、標準ケアとして書かれています。

クリニカルパスは、医師や看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士など、患者さんの治療に携わる様々な業種が関わり、疾患ごとに作成されます。

【クリニカルパスのメリットとデメリット】

20年以上医療界で使われているクリニカルパスですが、メリットとデメリットがあります。
両方を見比べていきましょう。

◎メリット

・何をすべきかがわかりやすい

クリニカルパスには、誰が何をすべきかが明記されています。
疾患ごとにスケジュール表ができている状態ですので、治療や看護の進み具合が標準化されているのです。
ですから、何をしたら良いのか、どのようなケアが必要なのかをその都度考える必要が減るということになります。

・看護の質に差が出にくい

看護師さんのケア内容についても、細かく書かれていることが多く、ケアの注意点や方法・手法などについても、クリニカルパスを見ることで理解できます。
このことから、看護師さんの経験年数などによる差も出にくくなり、看護の向上につながることになります。

・他業種間での確認が最小限になる

それぞれの立場の人たちが集まって作成されていますので、自分の分野だけではなく、関わる業種に関係する情報が入っていますので、何度も確認し合う必要がなくなり、時間を有効に使えるようになります。

・患者さんの不安解消につながる

患者さん用にはより理解してもらえるように絵を使ったり、グラフを使ったりしています。退院までのスケジュールがわかることで、不安の解消にもつながります。

◎デメリット

・慢性期の患者さんには使いにくい

手術や検査の患者さんにはスケジュールが立てやすく、わかりやすいのですが、慢性期であまり変化のない患者さんにはあまり向いていません。

・個別性が発揮されにくい

疾患に対するケアになりがちで、患者さん個別のケアにつなげられるかは、病院や病棟の考え方に左右されます。クリニカルパスを使いながら、患者さんの特徴もプラスできるようにしていくことも必要です。

【クリニカルパス学会で始まった資格認定制度】

メリットの方が多いとされているクリニカルパスですが、2016年からクリニカルパス学会で、資格認定制度ができました。

クリニカルパスの向上を目的とした制度で、クリニカルパスを正しく作成し、使用するための知識を持った人材を育成するものです。
概要は次のようなものになっています。

◎資格認定制度申請資格

日本クリニカル学会個人会員で、業種に制限はないため、誰でも申請することができます。

◎認定の種類

パス認定士、パス指導者、パス上級指導者の3つがあり、それぞれに申請が必要。

◎申請要件

パス認定士の場合は、次の要件を全て満たしている必要があります。
・個人会員であること
・日本クリニカルパス学会で学会発表を1回以上している
・日本クリニカルパス学会主催の学術集会に3年間に1回以上参加している
・資格認定のための教育研修を20単位以上受講している
・過去にクリニカルパスを作成したことがある

◎資格試験

受験料10,000円がかかり、WEBでの試験になりますので、自宅で受けるようになります。

◎更新

5年ごとに更新が必要で、更新料5,000円がかかります。

【看護の質を上げるためにも有効活用する】

クリニカルパスは多くの病院で採用され、医療の充実だけではなく、看護師さんの業務の簡潔化にもつながるものです。ですから、必要性を理解し、有効活用をしていく必要があります。

理解を深めるために、資格認定を取得するのも良いですね。ただし、資格取得には職場の理解も必要ですので、理解のある病院かどうかをまずは確認しておくことが必要ですね。

看護師さんの仕事に終わりはありません。あるものを上手に活用をして、効率良く質の高い看護の提供に努めましょう。