看護師求人・転職サイトランキングTOP > 白衣の天使がいじめ?看護師さんはいじめが多い職場って本当?

白衣の天使がいじめ?看護師さんはいじめが多い職場って本当?

白衣の天使がいじめ?看護師さんはいじめが多い職場って本当?


いじめは子供の世界だけのものと思っていませんか?
大人の世界でもあります、いじめは。

白衣の天使というイメージがある看護師さんですが、実は看護師さんの職場はいじめが多いと言われています。

人間関係の悩みはどの職業でもどの職場でもあります。特定の人と合わないだけではなく、悲しいことにいじめが横行している場合もあります。

自分がいじめに遭わないように、人間関係の良い職場にするためにできることを理解して、良い環境で働けるようにしていきましょう。

【職場でのいじめとは】

いじめとはどのようなことを指すのか、おわかりですか?
文部科学省ではいじめは次のように定義されています。

「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」

心理的攻撃とは、無視や暴言など、直接身体への暴力ではないが、精神的に苦痛を感じるものを指します。
物理的攻撃とは、身体への暴力や、物を隠す、金品をたかるなどが入ります。

いかがですか?
これは子供の世界だけではなく、大人の世界にも当てはまりませんか?

ここで注目なのは、いじめはしたほうではなく、受けた方の捉え方でいじめになったりならなかったりするのです。

無視をした人が、いじめている意識はないと言っても、された方が精神的な苦痛を感じたらそれはいじめになります。

大人の世界では、「これくらい言わなくてもわかるよね?」という思いが、相手には「何も教えてくれない」「無視された」という印象を与えてしまうこともあり、それに苦痛を感じた場合はいじめになり得るのです。

【いじめられやすい人の特徴】

いじめがある場合、いじめられる側といじめる側にわかれます。いじめられる人には共通の要素があります。

◎自分の意見を言わない

はっきりと意見を言えない人はいじめの対象になりやすくなります。
看護師さんは忙しく、意見交換をする時間もほとんど取れません。ですから自分の意見をしっかり端的に言えないと、相手に誤解をされやすいですし、何を考えているかわからず、周囲をイライラさせてしまうことになります。

◎新人看護師さん

忙しさの中で通常の業務以外に、新人教育をしなくてはいけない先輩看護師さんの負担は想像以上です。そのストレスのはけ口が新人看護師さんになってしまうのです。

仕事ができない、ペースがゆっくりなのは仕方がないことなのですが、指導が行き過ぎていじめに発展してしまうこともあります。

◎異動したての看護師さん

同じような理由で部署異動により新しく仲間になった看護師さんも、いじめの標的になりやすいと言えます。
チームで仕事をしている看護師さんのデメリットになりますが、仲間意識が強くなり新しい人や意見を取り入れにくい環境と言えます。
そのため、新しく来た看護師さんに対しても風当たりが強くなる可能性が高くなるのです。

◎自己主張が強い人

自分の意見を曲げない、謝らない、注意を素直に聞けない人は、いじめに遭いやすいですね。
看護師さんの職場は上下関係に厳しいところも多いですから、この素直さは非常に大切です。

看護師さんは自分の意見を言える人が多いですから、そのことが原因で衝突をしてしまうこともあります。

【いじめが多い原因】

看護師さんの職場でいじめが多い原因は3つあります。

◎女性が多い

まず考えられるのが職場環境で圧倒的に女性が多いということです。
女性は群れることを得意としますので、派閥ができやすくなります。その派閥に属さない人は自分たちとちがうということで、いじめのターゲットになってしまうのです。
女性が多いということは嫉妬も生まれやすく、それがいじめの原因にもなります。

◎ストレスを感じやすい

命と向き合う仕事ですから、心身共に負担もプレッシャーも感じやすくなります。それがストレスになるのですが、仕事が忙しく気分転換の時間を作ることができないことも多く、いじめがストレス解消になってしまうこともあります。

◎閉鎖的な環境

医療の世界は特殊な分野のため、医療関係者以外の介入がしにくい職場です。そのため、同じような価値観の人だけで集まることが多くなります。

そこに違う価値観の看護師さんが入ってきたり、自分の中の常識と違うことが起こると、排除しようとしていじめになる可能性もあります。

【いじめを蔓延させないために】

いじめは誰にでもどこででも起こる可能性があるものです。
いじめ防止には人間関係を良好に保つことが大切です。

新人看護師さんや移動したての看護師さんはあまり余裕がないかもしれませんが、まず職場の人間関係をじっくり観察してみてください。
そこから人間関係の構図が見えてきますので、要注意看護師さんを見つけることもできます。

そしてもうひとつ、言い意味で鈍感になることも必要です。
挨拶を返してくれなくても、言い方がきつくても、無視をされても、「こういう人なのだ」と思うことで、苦痛を感じにくくなります。

みんながやさしくて自分の居心地が良い職場はありません。仕事と割り切って深く追求しないことで気持ちが楽になることもありますよ。