看護師求人・転職サイトランキングTOP > ミスを引きずらない!責めない!成長につながるミスからの立ち直り方

ミスを引きずらない!責めない!成長につながるミスからの立ち直り方

ミスを引きずらない!責めない!成長につながるミスからの立ち直り方


看護師さんの仕事は命に関わる仕事です。このことを誰よりも知っているのは看護師さん自信です。ですからミスをしないように、細心の注意を払って仕事をしているはずです。

それでもミスをしてしまったり、インシデントを起こしてしまったりということがあります。この時の落ち込みは経験した人ではければわからないかもしれませんね。

看護師さんはミスをしても、気持ちをすぐに切り替えなくてはいけません。それはわかっていてもできないこともありますよね。ですがそのまま落ち込んでいても、仕事が辛くなってしまうばかりです。

次につながるような立ち直り方を覚えることで、気持ちの切り替えも上手にできるようになります。ぜひその方法を知って、役立ててくださいね。

【ミスを起こしやすい状況とは】

厚生労働省のインシデント調査によると、看護師さんの仕事の中でミスが発生しやすいのは与薬時で、場所は病室やナースステーションとなっています。

時間帯は10時~11時台が最も多く、次いで8時~9時台です。比較的看護師さんの人数が多い時間帯に発生しやすいというデーターになっており、夜勤帯や朝方などの夜勤者の疲れがピークの時間、人手が薄い時間帯はミスの発生がそれほど多くありません。

インシデントを起こした看護師さんの経験年数は、新人看護師さんが最も多く、その後は少しずつ減少しますが、経験11年~20年までの看護師さんのインシデント件数が増えているのです。

さらに、時期は6月、7月が多くなっています。新人看護さんがちょうど仕事に慣れで来る時期ですよね。
この“慣れ”がミスを招く一番の原因と言えるのです。

【ミスから立ち直るお勧めの方法】

特に新人看護師さんにミスが多いとはいえ、医療者の中でインシデントが圧倒的に多いのは看護職です。インシデントのように事故になる前に発見できた場合も落ち込みますが、実際に事故につながってしまった場合は、その重大さに押しつぶされそうになってしまう看護師さんもいますよね。

いつまでも落ち込んでいられないけれど、気持ちがついてこないという時にお勧めの方法をご紹介します。
とても簡単で単純なことなのですが、とても効果のある方法です。

◎人に話を聞いてもらう

ひとりで考えているとどんどん気持ちが沈んでしまいます。まずは誰かに話を聞いてもらいましょう。女性は解決策がその場で見つからなくても、話をするという行為だけでも気持ちが楽になることがあります。
話を聞いてもらう相手は、同期や先輩でも良いですし、医療に関係のない友達でも良いのです。

◎インシデントやミスをしっかり受け止める

インシデントやミスをした時は、上司や先輩に正直に事実を伝え、自分のしたことを冷静に受け止めるようにしましょう。
辛いかもしれませんが、最初にしっかり受け止めることで、同じミスをしないように行動を見直せるようになります。

◎原因と課題を明確にする

なぜミスが起こってしまったのか、原因を分析しましょう。この時できるだけ客観的に捉えるようにしてくださいね。その時の感情ではなく、状況を考えると良いですね。
そのことから次への課題が見つかるようになります。

【ミスをした時に絶対にしてはいけないこととは】

ミスをしてしまった時に、絶対にしてはいけない2つのことがあります。この2つのことをしている看護師さんは意外と多いのではないかと思います。
この2つをしてしまうと、成長につながらなくなりますし、個人だけではなく職場全体のミス対策にもなりません。

◎自分を責める

人はミスをした時に、「私が悪い」「私のせい」というふうに考えてしまう傾向があります。
ですが、誰か一人だけの責任にすることは、職場全体のためにもなりません。
自分を責めるのではなく、あの時どうしたら良かったのかというところに意識を向けることが必要です。

◎何かのせいにしない

「ミスをしたのは私だけど、ナースコールが続いたから・・・」
「人が少なかったから・・・」
というように、何かの状況や環境のせいにしてしまうことも良くありません。これをしてしまうと、有効な改善策が見つけにくくなります。

【ミスは誰でも起こす可能性がある】

先にも書きましたが、インシデントが発生しやすい時間や環境を見てみると、誰でもミスを起こす可能性があることが容易に想像できると思います。

ミスを起こしてはいけないのですが、看護師さんも人間ですから完璧はありません。ミスをしてしまったら、しっかりと受け止め、同じミスを繰り返さない方法を考えれば良いのです。

ミスをして心が落ち込んだ時、一番大切なことは冷静になることです。そのために話を聞いてもらったり、その時の状況を振り返ることが大切になります。ミスをするまでの状況に問題がある場合もあると思いますが、自分の感情をなるべく交えずに、客観的に見るようにしてくださいね。

そうすることで自分を必要以上に責めることもしなくなりますし、何かのせいにすることもなくなります。
ミスから何を学び次にどうつなげるかが大切ですよ。