看護師求人・転職サイトランキングTOP > 看護師3年目の壁!一人前の看護師としての成長とプレッシャーとは?

看護師3年目の壁!一人前の看護師としての成長とプレッシャーとは?

看護師3年目の壁!一人前の看護師としての成長とプレッシャーとは?


3年で一人前の看護師さんになる!という風潮があり、教育制度が整っている病院では、特にこの考えの下、研修などを組んでいます。

年々できることや任させることが増えて、本人も自分の成長を感じられるのが3年目です。ですがこの時期に、辞めたくなる看護師さんも多くいます。

ここまでがんばったのになぜ辞めたくなるのか?どんな理由があるのか、この3年目の壁をどう越えると良いのかなどをまとめてみました。

誰でも経験する3年目の壁。越え方を学んで楽しく過ごしてくださいね。

【3年目看護師さんが成長したと感じる時】

2年間たくさんの経験をしてきて、3年目になると自分でも周りからも成長したと評価されることが出てきます。特にどんな時に成長を感じるのかを3つのポイントをご紹介します。

◎先輩からチェックされることが減った

2年目までは何をするにも先輩からのチェックの目がありました。3年目になるとこちらから先輩にチェックを申し出ない限り、ほとんどされることはありません。

まだひとりで任せるのが不安と思われていたらチェックを受けることもあると思いますが、ほとんどの看護師さんはその必要がなくなります。

最近チェックされないなと思ったら、成長したと考えて良いですね。

◎先輩に聞かなくても自分で判断できることが増えた

今までは先輩を頼って、いろいろと質問をしたり確認をすることも多くあったと思いますが、2年間の経験の中で学んだことも多く、自分で判断できることも増えてきます。

2年目までは判断の前に先輩に聞くことが多いのですが、3年目になると自分の判断を伝えながら“相談”できるようになります。

どうしたら良いかの相談ではなく、こうしたいけれど良いだろうかという相談になり、相談の内容が変わってきます。

◎患者さんから頼られるようになった

患者さんは優しいので、新人の看護師さんにも声をかけてくれたりしますが、治療には命がかかっていることも多いため、やはり肝心なことは経験のある看護師さんに聞いたりお願することが多いのです。

ですから、患者さんから治療に関する質問や頼まれごとなどをされた時は、信用されてきていると思っても良いですね。

先輩達からの反応よりも、患者さんからの反応のほうが成長したと実感できることが多いかもしれませんよ。

【3年目で感じるプレッシャー】

成長を感じるよりも、プレッシャーを感じている看護師さんも多いですね。2年目までは新人として扱われることが多いのですが、3年目になると一人前として見られるようになります。

守られた環境にいつまでもいられませんから、一人立ちしなくてはいけないのですが、自信が持てずにプレッシャーだけを感じてしまうようになっていきます。

◎新人教育を任されるプレッシャー

3年目になるとほとんどの病院では、プリセプターの役目を担うことになります。ついこの間まで自分が指導されていた立場なのに、今日からは指導する立場になるのです。このプレッシャーは大きなものですね。

2年の経験では知らないことも自信のないこともあります。自分が指導してもらったようにできるのかという不安が出てきて、中には辞めたくなる看護師さんもいます。

◎リーダー業務のプレッシャー

3年目になると本格的にリーダー業務につくことが増えてきます。今までは先輩の指導があってリーダーをしていたケースもあると思いますが、3年目になると完全に一人立ちです。

判断をすることが増えてきますし、医師とのやり取りも増えてきますし、患者さんとの関わりも今まで以上に増えてきます。今まで以上にミスが許されない立場になりますので、気持ち的な負担が増えてきます。

◎新人ではないプレッシャー

当たり前ですが、いつまでも新人として働くわけにはいきません。そのことを痛感するのが3年目です。この1年で完全に一人前になるための総仕上げの年になりますので、どんどんと役割が増えてきます。

新人教育や看護研究などの責任のある役目が増えますし、そのために勉強をしなくてはいけないことも増えてきます。

日常業務以外のことが増えることで、さらに忙しくなり気持ちに余裕もなくなってきます。本当に新人ではないという現実が大きなプレッシャーなのです。

【3年目で看護師さんを辞めたくなる】

3年目になるとそれまでと違った大変さを感じて、それまでは漠然と「辞めたい」と思っていたものが、具体的に「辞める」という気持ちに傾きやすくなります。その理由は次のようなことが考えられます。

◎想像以上の負担

先輩たちを見ていて、大変さはわかっているつもりでも、実際に自分がその立場になると、想像を遥かに超える大変さを感じることがあります。

このままここで仕事を続けていけるだろうか、辛くてこの環境から離れたいと感じてきます。それまでも辛さはあっても、せめて3年までがんばろうと思っている看護師さんも多いのですが、3年目になると「もうそろそろいいかな」と、辞めることが現実味を帯びてきます。

◎他の診療科などへの興味

同じ診療科で働き、知識も技術も慣れて来て、他の診療科や他の病院に興味を持つのもこの時期になります。少し心にもゆとりができて、周りを見渡せるようになると、ここが本当に自分に合っているのかということも考えるようになり、先を見据えて転職を考えるようになるのです。

◎看護師を続ける自信がない

入職してからずっと仕事を覚えることと勉強で、大変な毎日を過ごし、さらに負担が増えることで看護師自体を続けていけるか自信をなくすのもこの時期です。

理想の看護師に近付けていない、いつまでこの大変さが続くのだろうなどと考え始めると、どんどん思考がマイナスになり、辞めることを具体的に考えるようになります。

【3年目を楽しく過ごすコツ】

プレッシャーもあり、責任も増してくる3年目ですが、この1年を上手に過ごすことでその後の仕事に良い影響が出てきます。
では、3年目を楽しく過ごすコツをご紹介しましょう。

◎開き直る

もう新人ではないとはいえ、まだ3年目です。これからまだ経験が必要なことがたくさんあります。できないこともあって当たり前と、良い意味で開き直ることも必要です。

先輩たちも本人が思っているよりも、見守ってくれているはずですので、自分を必要以上に追い詰めることをしないようにしてくださいね。

◎成長した部分に焦点を当てる

2年間で成長した部分が必ずあります。まずはそこを認めてくださいね。できないことに意識を向けがちですが、できていることを意識することで、自信につながりやすくなります。

また、得意なことも3年目になるとわかってきますので、そこを伸ばすようにしていくのも良いですね。できることをさらに完璧にしていく、それから不得意なことにチャレンジしても遅くないですよ。

◎学びの途中を意識する

経験3年目、年齢もまだ20代前半です。これからもっとたくさんの経験をしていくと考えると、今はまだ学びの途中です。

プリセプターをしたとしても、プリセプター1年目で全て完璧にできるはずはないのです。上司や先輩たちもそれは求めていないはずです。初めてのことは“1年目”“新人”として学ぶ姿勢で臨みましょう。

【誰もが感じる壁がある】

辛くて辛くてどうして良いかわからないという時は、先輩に相談をしてくださいね。誰にでも3年目の時期はあります。

越え方も人それぞれですから、経験者の話を聞くことで自分なりの越え方も見えてきます。
ひとりで考え込まずに、声に出してみてくださいね。この1年を超えると気持ちも体も今よりも楽になりますよ。