看護師求人・転職サイトランキングTOP > 看護師さんの職業病“腰痛”の原因と、上手く付き合う方法とは?

看護師さんの職業病“腰痛”の原因と、上手く付き合う方法とは?

看護師さんの職業病“腰痛”の原因と、上手く付き合う方法とは?


患者さんのお世話をする看護師さんは健康でなくては務まりません。ですが、看護師さんは何らかの病気や体の症状を抱えている人が多いのです。

その中でも腰痛は高い割合を占めています。職業病と言えるくらい腰痛を抱えている看護師さんはとても多くいます。

職業病だから仕方がないと諦めていると、仕事だけではなく生活全般に支障をきたす恐れもあります。腰痛が避けられないとしても、予防に努める、もし腰痛を発症してしまったら上手に付き合うということが大切になります。

【看護師さんに腰痛はつきもの?】

看護師さん全体の約5~7割が腰痛を抱えながら仕事をしているというデーターもあります。これは表に出ている数字で、潜在的な腰痛持ちはさらに多いのではないかと予想されています。

腰痛は原因によっては労災の対象になるのですが、看護師さんの場合は、「自分だけではないから」「みんなも悩んでいるから」「看護師の仕事で腰痛は仕方がないから」という理由で、申請をしない人がほとんどです。

さらには、仕事が忙しいという理由から、体調が悪くても休まない看護師さんが多く、体調不良を感じていても、受診や治療をせずに悪化させてしまうケースもあります。

症状がひどくなると、腰痛が理由で退職や転職を余儀なくなれる人もおり、せっかく看護師さんになったのに続けられないということもあり得ますので、症状がある場合は早期に受診をし、早期に治療をすることが必要です。

【看護師さんの腰痛の原因】

腰痛の原因としては、厚生労働省の腰痛予防対策の指針によると、次の4つが原因として挙げられています。

◎動作要因

看護師さんの仕事は、中腰での作業や同一姿勢でのケア、患者さんの移動介助などの身体的介助、ベッドやストレッチャーなどの重量があるものを扱うなど、腰への負担がかなりみられています。

これらの動作を毎日繰り返すことで、腰痛が発症しやすいということが言えます。
看護師さんの仕事自体が、腰痛を引き起こすことばかりということになりますね。

◎環境要因

職場の室温や湿度も血流が滞り、腰痛の原因になると言われています。
また、患者さんのベッド周辺などの狭い空間で作業をすることで、体を不自然にひねったり、腰に負担がかかる体勢になるため、腰痛を誘発することになります。

また、休憩時間が十分取れているかも、環境的要因に入ります。特に夜勤で仮眠が取れないことが多くなると、疲れが蓄積され腰痛を起こす可能性が高くなります。

◎個人的要因

これは、年齢や性別、体格、筋力の量などになります。
女性は筋肉量が男性よりも少ないですから、腰を支える筋肉が少なく腰痛を起こしやすくなります。

また、もともと腰椎椎間板ヘルニアがある、婦人科や泌尿器科の病気がある場合も腰痛を起こしやすいため、個人の既往歴にも関係が出てきます。

◎心理・社会的要因

職場での人間関係のトラブルや仕事に対する不安やストレス、仕事にやりがいを感じられない、過度な疲労などの精神的なことも腰痛に関連があるとされています。

看護師さんの仕事は体力的にも精神的にもハードな面がありますので、それだけでも腰痛を引き起こす可能性が高くなると言えますね。

【腰痛予防の5つのポイント】

腰痛にならないようにするためには、毎日の積み重ねが大切です。自分は大丈夫と思うかもしれませんが、誰でもなる可能性があるものですから、気をつけて損はありません。

◎ボディメカニクスをもう一度見直す

患者さんの移動やオムツ交換などの時の、正しい姿勢をもう一度確認しましょう。
長年の癖で実は腰に負担のかかる姿勢になっていたということもありますので、一度見直しをしてみると良いですね。

また、ベッドサイドでケアをする時は、自分の身長にあった高さに調整をするのも良いですよ。ベッドを上げ下げして、それを戻すのが面倒くさいと思って、中途半端な姿勢でも我慢をしている看護師さんもとても多いです。
この少しの行動が腰痛を左右しますよ。

◎腰を冷やさない

腰の筋肉を冷やすことで筋肉が硬くなり、不意な体勢や行動についていけず、腰を痛めてしまうことがあります。
腰の血流を促し、筋肉を柔らかくしておくことが大切です。

シャワーだけで終わらせないで、ゆっくりお湯に浸かることも効果があります。冬だけではなく夏もエアコンで体が冷えている人が多いですから、時期に関係なくお風呂の時間は確保してくださいね。

◎適度な運動をする

腰痛は骨の問題もありますが、筋肉の弱さや少なさも原因になります。適度な運動をして筋肉を鍛えることも必要です。
もちろん運動をすることで、腰を柔らかくしますので、柔軟性を維持することにもなります。

また、適度に体を動かすことは、疲労回復にもつながりますし、ストレス解消にもなります。ジムに通うなどの時間がなければ、家でできるストレッチや運動を取り入れて行きましょう。

◎定期的にマッサージなどに行く

整体などで定期的にマッサージを受け、腰の血流を良くする、柔軟性を良くする、筋肉を柔らかく保つということをしましょう。

定期的にメンテナンスをすることで、異常の早期発見にもなりますし、腰痛になった時のケアもしてもらえますね。

◎意識して休む

看護師さんは休みも不規則ですし、休みがあっても夜勤に絡んでいたり、予定が入っていたり、研修などに参加しなくてはいけなかったりと、あまり休めない人が多いですね。

意識して休む日を作らないといつまでたっても休めず、疲れが体にどんどん溜まってしまいます。忙しいのは仕方がないと諦めずに、時間を作ることを考えましょう。
自分の体を守れるのは自分だけですよ。

【腰痛になってしまったらすること】

予防をしていても、腰痛になってしまうこともあります。その時の対処方法としては次のようなことがあります。

◎病院を受診する

まずは整形外科を受診して、骨の状態を確認してもらいましょう。骨からの痛みなのか、筋肉の痛みなのかによって治療は変わってきます。まずは現状を知ることが大切です。

受診する時間が取れないという看護師さんもいますが、これを怠ってしまうと悪化させることになりますので、必ず受診するようにしてくださいね。

◎腰に負担のかからないように仕事を調整してもらう

急性期はなるべく腰に負担のかからないような仕事に調整をしてもらうことも必要です。
夜勤の回数を減らしてもらう、力仕事を変わってもらう、移動介助や体位変換などはひとりで行わないということを協力してもらえるように、上司に相談をするようにしましょう。

みんな痛くてもがんばっているからというのは、この先の看護師生活を縮めることになりますし、その考えが他の看護師さんの負担にもなります。
自分だけのこととせずに、みんなが協力しあえる環境作りも大切ですね。

◎コルセットや骨盤ベルトなどを使う

動きにくくなる、暑い、という理由からコルセットなどを使うことを嫌う看護師さんもいます。
腰への負担を減らすためにも、コルセットは大変役に立ちます。

できれば腰に負担がかかるような業務の日はコルセットをするなど、腰痛が出る前から使うようにしておくことも良いですよ。

【腰痛があっても働ける?】

もし腰痛を発症してしまい、なかなか改善されないようでしたら、職場を変わることも視野に入れる必要があります。

腰に負担のかからないようにするには、病棟勤務は辛くなりますね。力仕事が多くなりますし、患者さんも自力では動けない人も多いですから、腰への負担は避けられません。
外来も立ちっぱなしですから、腰痛がある看護師さんには辛いかもしれません。

痛みが落ち着くまでは、病院以外の職場にするか、働く時間を短くするなどの対策をしてくださいね。何度も言いますが、長く看護師さんを続けるためには、体を休めせることが大切です。無理のない範囲で働き、症状緩和に努めてください。