看護師求人・転職サイトランキングTOP > 転職時の参考になる!給与明細の簡単な見方とチェックポイントとは?

転職時の参考になる!給与明細の簡単な見方とチェックポイントとは?

転職時の参考になる!給与明細の簡単な見方とチェックポイントとは?


毎月もらう給与明細ですが、きちんと見ていますか?支給額を見るだけという人が多いのではないでしょうか。
実はこの給与明細を見ることで、自分のお給料の仕組みがわかりますし、転職の際の参考にもなります。

明細には、支給されている金額、控除されている金額、勤務状況に分けて記載されています。それらをチェックすることで、多くの情報を得ることができます。
早速今月の給与明細を見ながら読んでみてくださいね。そして、自分のお給料をしっかり確認しましょう。

【支給される金額】

支給の項目には、基本給と各種手当が書かれています。
ここに書かれている金額全てを足したものが、総支給額になります。
手取りと言われている、差引支給額は次の項でご紹介している控除額を引いた金額になりますので、混同しないようにしてくださいね。

また、手当は病院の規定によって変わります。自分が働いている病院ではどのような種類の手当がどのような規定で支払われているのかを確認しておきましょう。

  • 《基本給》~病院により規定があり、それに沿った基本給が支払われます。賞与はこの金額で計算されます。
  • 《役職手当》~師長や主任など、何らかの役職がついている人に支払われる金額です。
  • 《住居手当》~家賃の補助として支給される手当で、病院によっては支払われないところもあります。
  • 《家族手当》~扶養家族がいる場合に支払われます。
  • 《通勤手当》~通勤に対して支払われる手当です。車での通勤、公共交通機関での通勤で金額が変わります。
  • 《危険手当》~精神科や放射線科などに従事する看護師さんに対して支払われる手当です。
  • 《夜勤手当》~夜勤者に対して支払われる手当ですが、22時から5時までの間働いている場合は、深夜手当として支払われている場合もあります。
  • 《超過勤務手当》~1日8時間、週40時間を超えて働いた時間に対して支払われる金額です。

【控除とは?】

次に控除されている金額についてです。
保険料や税金など、お給料から天引きされている金額が控除額になります。
これには新人看護師さんは天引きされないものもありますので、それを知らないと2年目になって昇給したのに支給額が変わっていない、やや下がっていると思ってしまいますので、気をつけてくださいね。

  • 《健康保険料》~毎年4~6月の平均報酬額を元に算出されています。病院と職員(本人)が半額ずつの負担になります。
  • 《介護保険料》~40歳以上の職員が負担する保険料です。毎年4~6月の平均報酬額を元に算出されます。
  • 《厚生年金》~毎年4~6月の平均報酬額を元に算出されています。将来の年金のためだけではなく、本人が障害を負った時に障害年金を受け取ることもできます。
  • 《雇用保険》~保険料の0.95%を病院が支払い、0.05%を被雇用者(労働者)が支払います。仕事を辞めた時に給付金を受給することができます。
  • 《所得税》~前年度の1月1日~12月31日の所得を元に支払額が決定されます。その年の12月までの収入が確定した時に再度計算され、過不足分が年末調整として算出されます。※前年度の所得がない新人看護師さんは天引きされません。
  • 《住民税》~前年度の1月1日~12月31日の所得を元に算出されます。金額は働いている地域で変わります。※前年度の所得がない新人看護師さんは天引きされません。

【勤怠は必ずチェック】

最後に勤怠の項目ですが、ここには勤務日数や夜勤回数、休日出勤、有給休暇、超過勤務など、勤務に関する情報が書かれています。

特に夜勤回数、有給休暇、超過勤務時間に関しては必ずチェックをするようにしましょう。
この日数や時間数が違っていたら、お給料の金額が変わってきますので、もし少なく計算されていたら損をしてしまうことになります。

毎日の激務で大変だと思いますが、自分のお給料が適切に支払われているかを確認することも大切です。
そのためにも、超過勤務をした時は時間をメモしておくなどの勤怠管理をしておく必要があります。

【転職時のチェックポイント】

給与明細は今の自分のお給料体制を知るためにとても大切なものですが、転職の際にも役に立ちます。
転職の理由がお給料アップの場合は、特に重要なものです。

お給料アップには2通りあります。
ひとつは月々のお給料をアップさせる方法、もうひとつは年収をアップさせる方法があります。

月々のお給料をアップさせるためには基本給も大切ですが、手当がどのくらいあるかもチェックポイントになります。
基本給が今よりも安いとしても手当が高い、手当の種類が今よりも多い場合はお給料がアップする可能性が高くなります。

年収をアップさせるのであれば、基本給が大切です。賞与は基本給で計算されますので、これが安いと賞与も安くなりますので、年収アップにつながらなくなります。
賞与の割合にもよりますが、月々の手当が少し少なくても、基本給が高ければ年収アップになるということです。

他の病院で働いている看護師友達がいたら、さりげなく手当の種類や金額などを聞いてみると比較ができますので、転職の時の参考になりますよ。